ネームサービスを正しく提供する

 ネームサービスを正しく提供するためにも、ネームサーバの設定結果を確認することは重要です。ネームサーバに対して問い合わせを行うコマンドはいくつかありますが、ここではdigコマンドを使います。

 まず、digコマンドで設定が正しく行われているかを確認します。確認ポイントは、 以下の3点です。

 

  1. 応答が返ってくるか
  2. 書いたとおりのデータが返ってくるか
  3. Authority Answerとしてデータが返ってくるか

 

 ネームサーバが上位のゾーンから指定される前の段階では、IPアドレスでネームサーバを指定する必要があります。例えば、ネームサーバのIPアドレスが“61.120.151.82”だった場合、コマンドとしては“dig @61.120.151.82 example.jp.”と入力してください。

 digコマンドの使い方については別解説としますが、参考のために、以下に簡単な実行結果の表示例を示します。

タグ: ,
カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。