サーバの設定及び ns1.dns.ne.jp 及び ns2.dns.ne.jp への登録をします。

サーバー(さーばー)にSFTP(SFTP)接続(せつぞく)を開始(かいし)

あなたは、 cPanelのを変更することはできません – あなたがいないのであれば、あなたは、あなたのサーバへのrootアクセス権を持っていることを確認してください。
あなたが接続するFileZillaを使用している場合は、 ” 22 “のポートを使用するには、rootとしてサーバーに(SFTP )を接続
Kopage ManagerページからcPanelの統合パッケージをダウンロードします。ステップ2デフォルト、 X3テーマに変更を適用するかのように、別々のcPanelの皮(クローン)を作成することを推奨している – の変更は、各時間cPanelのアップデート自体を行ってます。クローンスキンを作成するには、 WHMに行く→ “ユニバーサルテーママネージャは、 “→ “テーマの管理” 、そこにデフォルトX3肌のクローンを作成できます。ステップ3あなたは、 ” X3 “肌をデフォルトを編集している場合でも、フォルダ、そこに”インデックスbanner.html “ファイルをアップロードし、フォルダ” kopage “を”/ usr/local/cpanel/base/frontend/x3/branding “に移動”/ usr/local/cpanel/base/frontend/x3 “を ” index.phpの”ファイルと 両方をアップロードする前に、設定するためのあなたの好みのHTMLエディタでこのファイルインデックスbanner.htmlとのindex.phpを編集する必要があります。
あなたのSitebuilderの場所、あなたのウェブサイトの場所(ユーザがSitebuilderの詳細を読むことができます) 、
あなたは、デフォルトのテキストを変更することができます。
ステップ4一度インデックスbanner.htmlファイルは’

‘フレーズを見つけ、同じcPanelののフォルダにある” index.htmlを”ファイルを、編集して、そこにある。
あなたがそれを配置したら、その下のコード行を追加します。
‘ ‘
ステップ5とすぐに変更を保存したとして、 cPanelのは、 “インデックスbanner.html “ファイルをロードします、そしてあなたのクライアントは、 cPanelののアイコンが上記のこのバナーが表示されます。
ユーザーが簡単に新しいウェブサイトの構築を開始したり、 Sitebuilderのについての詳細を読むことができます。
DNSの基本

 DNSサービスの機能を簡単に説明すると、例えばWWW.ATMARKIT.CO.JPといったFQDN名と、それに対応付けられている211.4.250.170などというIPアドレスを相互に変換するサービスである。DNSサーバには、名前(ホスト名)に対するIPアドレスの定義(Aレコード)や、逆に、IPアドレスに対する名前の定義(PTRレコード)、ドメイン名に対するネーム・サーバ情報(NSレコード)、サービス名に対するサーバのポート番号などの情報(SRVレコード)など、多くのレコードが登録されている。DNSサーバは、DNSのクライアントからの要求に応じて、これらのレコードを検索し、レコード情報を返すことになっている。

 例えばDNSのクライアントが「www.atmarkit.co.jp」というホストを表す文字列をDNSサーバに渡すと、DNSサーバはこの文字列に割り当てられているIPアドレス「211.4.250.170」(Aレコード)を返してくる。逆に、「211.4.250.170」というIPアドレスを渡すと、「www.atmarkit.co.jp」という名前(PTRレコード。PTRはpointerの略)を返す。

 ユーザーがコンピュータを利用する場合、このようなDNSサーバとDNSクライアントによる名前解決処理は自動的に行われるが、DNSサーバ側の設定ミスやDNSクライアント側でのDNSサーバ指定の間違い、DNSサーバ/クライアント間での通信エラーなどにより、名前解決が正しく行えない場合がある。このようなトラブルが発生した場合に、役に立つのがnslookupコマンドである。

 nslookupコマンドは、DNSのサーバに対して直接DNS要求を送り、その結果を表示する。DNSサーバとのやり取りが直接表示されるので、DNSサーバと正しく通信ができているか、DNSクライアントからの要求に対するサーバの応答は正しいか、サーバに設定されているパラメータ(レコード情報)は正しいか、などの状態を調査することができる。Windows OSでは、DNSサーバに要求を出すクライアント側のプログラムとして「DNS Client」サービスが動作しているが、これは直接DNSサーバに問い合わせるだけでなく、サービス内部にキャッシュされた情報から検索したり、複数のDNSサーバに順に問い合わせたりするなど、いくらか高度な処理を行っている。そのため、DNSサーバに登録された最新のレコード情報と食い違っていたりする可能性がある。だがnslookupを使えば、DNSサーバに対して直接DNS要求を送信してその結果を得ることができる。またDNSサーバを指定することもできるので、DNSレコード情報を直接提供しているDNSサーバ(“権威のある(Authoritative)”DNSサーバ。プライマリDNSサーバともいう)だけでなく、セカンダリDNSサーバやキャッシュDNSサーバ、フォワードのみのDNSサーバなど、いろいろなサーバを指定して、それぞれからのDNS応答が正しいかどうかを検査することができる。
プライマリネームサーバ ns1.dns.ne.jp 210.188.224.9
セカンダリネームサーバ ns2.dns.ne.jp 210.224.172.13
サーバの設定及びns1.dns.ne.jp及びns2.dns.ne.jpへの登録を行います。
ドメインのWHOISに登録されているネームサーバを次のようにに変更してください。他社で取得されたドメインに関しまして、基本的な設定((@ / www / mail /ftp の4レコード)のみ登録します。 お客様でゾーン情報のカスタマイズは許可しておりません。
当社の基本設定では対応できない設定をすでにされているお客様に関しましては、 下記のサブドメインの追加からご利用されたいサブドメインのみを追加ください。
さくらインターネット以外で取得されたドメインにサブドメインを追加します。
ドメインを追加する事により「www.」が付与されたサブドメインが同時に使用可能となります。 (例)sub.example.jpを追加する事で http://www.sub.example.jp/ での記述の運用が可能)
ドメイン名: .

 ※ サーバの設定及び ns1.dns.ne.jp 及び ns2.dns.ne.jp への登録をします。
ドメインのゾーン情報から追加されるサブドメインのネームサーバを ns1.dns.ne.jp、 ns2.dns.ne.jp に移譲する必要がございます。この場合はゾーン情報に以下のような記述をしてください。

※サブドメインが「sub」、独自ドメイン「example.jp」の場合
sub IN NS ns1.dns.ne.jp.
IN NS ns2.dns.ne.jp.

<注意事項>
追加したドメインがインターネット全体へ反映されるまでに、数時間~2日程度かかることがあります。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中